小麦粉にこだわる事。

世界にはいったい何種類の小麦粉が存在するのだろう。

その土地でしか生産されていない小麦粉もあるので、パン職人としてはとても興味のあるところです。

30年も前にアレルギーの甥の為に、添加物を使わないパン作りを始めた時から、小麦粉に関してもとても興味がありました。

その頃はパンに向く国産小麦粉自体ありませんでした。

国産小麦粉でパンを焼くと言ったら笑われた時代でした。

自分なりに配合を考えてようやく自信が持てたパンを焼くまで10年程かかりました。

現在では食の安全意識が高まって、無添加にこだわる食材も少しは増えて来ていますが、まだまだ満足の行く状態ではありません。

先頃国の医療に関する費用が40兆円を超えたと発表がありました。

財政予算の半分ほどが何と医療費なんですよ。毎日食べる食材に少しだけ気を付ければ医療費も少なくなります。

無駄なお金をもっと有効な使い道に変える事が出来るんです。

一人一人の小さな積み重ねが大きな財産になるんです。

リンデンバウムの無添加パンは少しは役に経っていると思います。

プロパン職人のふなかっちゃん's Ownd

本当にパンの好きな人の為と、自分の好みのパンを探している人の為に心を込めたパン作りをしています。 名ばかりの天然酵母パンが氾濫していますが、天然酵母パンにもぴんからキリまであります。本当に時間をかけてじっくりと育てた酵母から生まれるパンはとても少ないんです。リンデンバウムのパンは、30年間も生き続けている奇跡の酵母から生まれています。その味わいは深みが有り、噛みごたえがあり、後味が良いんです。

0コメント

  • 1000 / 1000